読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

端午の節句に鯉のぼりを立てるわけは

端午の節句 レしいうのは、七日)、重陽(九月九~)の祝いの」つです。

もともとは、旧暦の最初自~の日、つまり端午の~を祝ったものだったのですが、いつのころからか三月五目を祝うようになり、そ’ニビ「端五」と書いたりもしまよ。

 

二月二目のに已は’『雛の節句」ともいわれているように、 】て、五月五目の「端勺岫節白」はが子を祝うものとされています。

 

わが国では、戦後になってから上の端午の節句の五八五‥‥‥白丁‐こしもの日」と制定し、国尺力祝~としています、

いでころで、’ニクもい日にに、五月情れの人咋土鯉山よりうに 一ゆうと泳いでいる風景が必ず見られます。とくに、昔は長男が牛まれると、それを祝って鯉のぼりを立てたものです。

これは、昔、中国の楚の人、たため、楚の人が屈原を哀れに思い、紙の鯉をつくってまつった’ことにはじまると伝えら・れています。

わが国では室町時代に、長い布を半月形にたわめた竹に張って、これをさおにつけ、ちょうど戦いのときののぼりのようにした吹き流しを、武士の家だけが立てていました。

汪り時代に入ると、武士だけでなく町家でも、この吹き流しにならつて、紙でつくった鯉を竿頭に上げるようになり、これを[~月鯉]と呼ぶようになりました。

 

「鯉の滝のぼり」という故事でもよく知られるように、鯉は威勢のいい、『縁起物として、男子のか一身出世を願って立てられたものです。

ち・ヽなみに、五月五目には椋や伯餅を食べる習わしがあり~すが、これも屈原の故事によるものです。

それは、屈原のお姉さんが弟の死を弔うために、五月斤目になると餅をつくって旧羅に投げ入れ、虻竜をまつったゴとからはじまったといわれています。

また、このほかに邪気今はらうために菖蒲や蓬を軒先に差したり、菖蒲湯に入ったりします竿頭に上げるようになり、これを[~月鯉]と呼ぶようになりました。

「鯉の滝のぼり」という故事でもよく知られるように、鯉は威勢のいい、『縁起物として、男子のか一身出世を願って立てられたものです。

 

ちなみに、五月五目には椋や伯餅を食べる習わしがあり~すが、これも屈原の故事によ

るものです。

それは、屈原のお姉さんが弟の死を弔うために、五月斤目になると餅をつくって旧羅に投げ入れ、虻竜をまつったゴとからはじまったといわれています。

また、このほかに邪気今はらうために菖蒲や蓬を軒先に差したり、菖蒲湯に入ったりします